株式会社ヴァンデミックシステ

Blog

<スポンサーリンク>

Windows上でディスクを使用可能にするには、オンライン後にパーティションスタイルを決定(初期化)する必要がある。
パーティションスタイルとは、ディスク上にパーテーションやボリュームを作成する際の形式。
MBRとGPTは相互変換することができるが、ディスクは空である必要がある。
GPTが完全上位互換ともいえるので、新規に作成する場合は考えなしにGPTにしてしまってよい気がする。
データを含んでいるディスクのパーティションスタイルを返還する場合、パーティションを削除する必要がある。

種類 説明
MBR(マスターブートレコード) 古くから利用されているパーティションスタイル。
多くのOS、ツールに対応しているという利点があるが、制約もある。
・最大2TBまで
・ディスクごとに、最大4つまでのプライマリパーティション
GPT(GUIDパーティションテーブル) MBRの制約を解決するために開発されたパーティションスタイル。
OSの種類によって異なるが、Windows Server 2016でGPTを使う場合の利点は以下の通り。
・最大8ZBまで
・ディスクごとに、最大128パーティション
・パーティションテーブルの複製と、CRC機能による信頼性の向上

<スポンサーリンク>

コメントを残す

Allowed tags:  you may use these HTML tags and attributes: <a href="">, <strong>, <em>, <h1>, <h2>, <h3>
Please note:  all comments go through moderation.

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)