株式会社ヴァンデミックシステム

Blog

AWSだったりAzureだったりのインスタンスで安い奴だとswap領域なしのものがあるよね。
そういう場合は、OS側で作ってしまえばいいみたい。

始めはない

1GBのswap領域を作る場合

2 Comments

2 Records

  1. on 2019年5月2日 at 10:46 AM
    たに wrote:

    RedHatから、swap領域の推奨サイズが公開されているので、参考にするとよいかと思います。
    swap領域は、パーミッションを600にすることをおすすめします。
    また、この状態では、swap領域の自動起動が設定されていないので、必要に応じて、自動起動の設定をします。

    https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/storage_administration_guide/ch-swapspace

    返信
    • on 2019年5月17日 at 5:39 AM
      yuta wrote:

      ありがとうございます。
      AWSとかで安いインスタンス借りて、こっちで勝手にswap作ればやっぱ節約できてるんですかね。

      返信

コメントを残す

Allowed tags:  you may use these HTML tags and attributes: <a href="">, <strong>, <em>, <h1>, <h2>, <h3>
Please note:  all comments go through moderation.

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)