【PowerShell】フォルダサイズを取得する

フォルダサイズはGUIでプロパティを見ると簡単にみれるけれど、コマンドでとろうとするとちょっと面倒くさいんだね。

【Azure】PowershellでAzure Resource Managerをデプロイする

テンプレートはMicrosoftのチュートリアルを参考に作成
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-resource-manager/resource-manager-quickstart-create-templates-use-the-portal

ポータルで見るとこういう感じになるネ。
… }]

【Powershell】ネットワーク設定

毎回GUIでやってたけど、これからはPowershellでやったほうが早いかな?
オプション多くて長いですね。nmcliも長いですよね。

【Powershell】共有されているフォルダの確認

MMCコンソールからだと「共有フォルダ」を開くと出てくるコンソールをPowershellでも操作できる

Powershellの場合

フォルダのアクセス許可の確認はGet-Acl

【Hyper-V】仮想ポートACLを使って通信を制御する

仮想ポートACLを構成することで、仮想マシンの通信を制御することができる。
特定のIPアドレス、ポートなどに基づきトラフィックを条件付けして、仮想マシンに対する通信の許可/拒否を制御することができる。
操作は、GUIのHyper-Vマネージャーからの操作はできず、Powershellのみから。

仮想マシン単位のファイアウォール的なイメージかな。
たぶん用途としては、同じネットワークに所属させるけれど、通信のブロックを行いたいときとかかな。

IPアドレスでの制御を行いたい場合、Add-VMNetworkAdapterACLコマンドを使う

ポートでの制御を行いたい場合は、Add-VMNetworkAdapterExtendedAclを使う

通信量も確認することができる

【Microsoft Azure】Azure Active Directory Powershellモジュールインストール

Azure AD関連のお仕事がいただけたので、いろいろ勉強。
https://blogs.technet.microsoft.com/jpazureid/2017/12/04/aad-powershell/

モジュールインストール

使ってみる

【Hyper-V】PowerShellダイレクトによる仮想マシン操作

WindowsServer2016では、PowershellダイレクトとうホストOSからゲストOSの仮想マシンに直接Powershellコマンドを実行することができる。
本来であれば、Powershellリモート操作のためには、ネットワーク接続が必要だけどそれが必要ない。

セッション接続する場合

コマンド、スクリプト実行する場合(1回ぽっきり)

【ActiveDirectry】Powershellでパスワードリセット

パスワードを指定する場合は、ConvertTo-SecureStringを使って、セキュリティ保護された文字列に変換する必要がある。

【ActiveDirectory】一括で特定OU内のユーザアカウントの有効期限を設定

これもPowershellで。

なしにする場合は「$null」を指定する
※このパターン結構多い

【ActiveDirectory】一括で無効化されたアカウントを有効化する

Posershellでできるよー。

有効化

削除

Filterかけてる箇所