株式会社ヴァンデミックシステ

Blog

<スポンサーリンク>

グループポリシーエディタから操作しているGPOは実体ファイルがある。
そのため、エディタ経由で設定せずとも、設定ファイルの置換などで大量展開することもできる。

作成されたGPOには、「一意なID」が付与される。

SYSVOL内のPoliciesフォルダに実体ファイルセットがID名で作成される。

試しに、ログオンスクリプトの設定をしてみる。

scripts.iniというファイルが生成され、ファイル内にグループポリシーエディタで設定した内容が記載されている。

おそらく、ほとんどの設定はなにがしかの設定ファイルに書き込まれるはずなので、そのファイルを編集するようなスクリプト等を作成すれば、大量作成が容易になるはず。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

Allowed tags:  you may use these HTML tags and attributes: <a href="">, <strong>, <em>, <h1>, <h2>, <h3>
Please note:  all comments go through moderation.

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)