株式会社ヴァンデミックシステ

Blog

<スポンサーリンク>

initコンテナ

  • 環境ごとに変わるコマンドなどを実行させる
  • ボリュームをマウントしてから出ないと実行できないコマンドなどを実行させる
  • Pod起動後に必要なコマンドを実行させる

initコンテナのyamlファイル

  • myserviceとmydbを2秒毎に待ち受けて、見つかれば処理終了
myapp.yaml

起動

確認

serviceもdbもいないのでまだREADYになっていない

serviceを作成する

service.yaml

起動

確認

ログ確認コマンド

参考

https://kubernetes.io/ja/docs/concepts/workloads/pods/init-containers/

<スポンサーリンク>

コメントを残す

Allowed tags:  you may use these HTML tags and attributes: <a href="">, <strong>, <em>, <h1>, <h2>, <h3>
Please note:  all comments go through moderation.

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)