【Hyper-V】Hyper-Vで拡張セッションを使う

ゲストOSの拡張セッションを使うと、リモートデスクトップ使用時と同じようにクリップボードの共有などができるようになる。

「Hyper-Vの設定」で、

・「拡張セッションモードポリーシー」の「拡張セッションモードを許可する」のチェックをオン

・「拡張セッションモード」-「拡張セッションモードを使用する」のチェックをオン

ゲストOSの「表示」-「拡張セッション」を選択することでできるようになる。

「拡張セッション モードは Windows 8.1 及び Windows Server 2012 R2 から 」使えるみたい。

Hyper-V 拡張セッションを使用した際の注意点について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*