【PowerShell】Compare-Objectの出力結果にパイプ処理を使う

Compare-Objectを普通に使うと以下のようにプロパティ情報が欠落?する

-PatsThruオプションをつけてあげると、プロパティを保持してパイプわたしができる

Select-Objectで好きなプロパティを取り出せる

一つ賢くなれました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*