【Hyper-V】Nasted Virtualizationの実装

Windows Server 2016のHyper-Vでは、Hyper-V上の仮想マシンにHyper-Vをインストールし、その仮想マシン上にさらに仮想マシンを構築することができる。

Nasted Virtualizationの有効化

仮想化ホストでは動的メモリがサポートされなくなるため、無効化する。

仮想化ホスト上の仮想マシンが、物理ホストの外部ネットワーク上のコンピュータと通信するためには、仮想化ホストの仮想ネットワークアダプターに対して、Macアドレススプーフィングを有効化する必要がある。
Macアドレススプーフィングを有効化しない場合、仮想化ホスト上の仮想マインからのパケットは不正とみなされ、ブロックされる。
ESXiの無差別モードと同じような設定のことだね。

仮想化ホスト上では、以下機能はサポートされない。
・動的メモリ
・仮想化ホスト稼働中のメモリサイズ変更
・チェックポイント
・ライブマイグレーション
・状態の保存または復元

こんな感じになるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*