【AWS CloudFormation】予約された変数をセットする

!Subを指定してあげることで、${AWS::Region}のようなあらかじめ定義されている変数を引っ張ってくることができる。
このメソッドに気づかづ4時間くらいあーでもないこーでもないをしていたよ。
Fn::Subの短縮形みたい。ちなみにしたのは、EFSをマウントさせるテンプレートの一部分です。

こういう書き方も大丈夫っぽい

あ、JSONよりyamlのほうがいいっぽい。コメント文とか書けるので!