【Hyper-V】Hyper-V上のゲストOSでのブリッジ接続設定

VMwareとかVirtualBoxだと、ブリッジ接続は1操作でできるけど、Hyper-Vだとちょっと手間。
※リモートデスクトップ等で接続中に操作すると、途切れるので注意(新しく割り当たるブリッジ用アダプタにアドレスがふられていないため)

「Hyper-Vマネージャ」-「仮想スイッチの編集」で内部用スイッチを作成する

接続中のネットワークアダプタと作成した仮想スイッチを選択した状態で、「ブリッジ接続」を選択する

アダプタ「Network Bridge」が作成される

今まで接続していたアダプタのIPアドレスをブリッジ用アダプタにふり直す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)