【Active Directory】FSRとDFS-R

Active Directoryインストール時に、SYSVOL共有フォルダがドメインことローラー上に作成される。
SYSVOLには、ログイオンスクリプト用ファイルや、グループポリシー設定ファイル等が格納されている。
同一ドメイン内のドメインコントローラは、FSRかDFS-RのレプリケーションによりSYSVOLを複製している。

・FSR(ファイル複製サービス)
以前から使用されていたレプリケーションサービスで、SYSVOLのレプリケーションを行う。
Windows Server 2016でも引き続き使用可能。

・DFS-R(分散ファイルシステム複製)
Windows Server 2003 R2からサポートされたファイルレプリケーションサービスで、Windows Server 2008からSYSVOLのレプリケーションにも使用されている。
DFS-Rを使用すると、SYSVOLをより高速でセキュアにレプリケーションすることができ、ドメイン機能レベルがWindows Server 2008以上に設定する必要がある。

なので、Active Directoryデータベースのレプリケーションとは別に、ファイルシステムのレプリケーションはDFS-Rでやってる。
というのは、ちょっとAD噛んでないと分からないことのような気がする。現に運用保守で触ってた時はこんなの意識してなかったしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)