【Windowsコマンド】for文でスペースを含む文字列のファイルを読み込む

普通にオプション無しでやるとできない。

読み込みファイルの内容

【Windowsコマンド】テストページの印刷をコマンドで実行

いろんなプリンタにテスト印刷したいときとか。

 
オプションとか
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee624057(v=ws.10).aspx

【Windowsコマンド】Windowsファイアウォール有効化・無効化をする

ネットワーク障害でのトライアンドエラーするとき早いかも。

【Windowsコマンド】ドライバストア一覧を出力

pnputilコマンドで見ることができる。
で、ドライバーストアというのは、ドライバがインストールされるときにドライバストア内にもコピーされる。
次回以降、ドライバストア内で対応できるデバイスが接続された際は、そこからインストールされるという仕組みみたい。

ちなみに、ドライバストアのパスは、「C:\Windows\INF」.
各infファイルがいろいろあるが、ドライバインストールの時に使ったinfファイルがそのままリネームされて格納されている。

【Windows】msiファイルを展開する

msi実行時に展開が失敗することがある。そんなときは、手動で展開してしまおう。
msiexecコマンドでできるよ。

/aで展開、/qnで非表示(GUI画面の「次へ」とかがでない)

実行してみる

ちなみに、7-zipだと楽。
右クリ→展開でOK。

【Windowsコマンド】startコマンドの注意点

startでIEを起動しようとする場合、以下のように実行する。
ちなみに使いどころとしては、startさせたコマンドを待たずに次処理をさせたいときとかかな。

 

失敗例

これはどういうことかというと、第一引数はタイトル名になってしまうため、IEが起動してこない。

タイトルが実行したいコマンドになる

ヘルプ抜粋

【Windowsコマンド】openfilesコマンドで開かれているファイルのプロセスを確認する

ファイルを削除しようとしたとき、以下のように削除できない場合がある。
そんなときは、ファイルを掴んでいるプロセスを確認する。

管理者権限でコマンドプロンプトから実行する。

 
※openfilesを使うためには、「openfiles /local on」をあらかじめ実行後、再起動する必要がある

【Windowsコマンド】ファイルの行数を取得するコマンド

コマンドプロンプトでファイル行数を確認できるコマンド。
たまに使う場面があるので、結構便利。
ちなみに、/vオプションで””(null行)以外の行数をを表示させ、/cオプションで行数を表示させている。

【ファイルサーバ】フォルダのクォータ値を割り当てるコマンド

Windows Server 2012 R2にてファイルサーバリソースマネージャーをインストールすると、フォルダに対してのクォータ値を設定することができる。もちろんGUIでもできるけど、コマンドでできたので、その備忘録。
今回はあらかじめテンプレートを作成し、それをもとに設定した。

コマンドプロンプト

PowerShell

【Windowsコマンド】特定ドライブを読み取り専用にする

Eドライブ(Volume 2)を読み取り専用にしたい場合。

まずは対象となるドライブを選択する。
diskpart→list volume→select volume 2

 

readonlyへの変更コマンド

 

readonly解除コマンド