【Hyper-V】Windows Server 2016だとSLAT対応が必須

Windows Serve 2012 R2でHyper-Vを動かしていたノートPCを新たに2016で再インストールして、Hyper-Vを有効化しようとしたら、できなかった。CPUがSLATという機能に対応していないから見たい。公式では2012 R2の時は推奨って書いてあるっぽい。

systeminfoでHyper-Vの要件のとこを見てみると「第2レベルのアドレス変換」という項目が「いいえ」になってる。残念。

個人的には、Hyper-V結構好きなので、できれば使いたい。
とりあえず、2012 R2で入れなおすかな~

【Hyper-V】Hyper-V上のゲストOSでのブリッジ接続設定

VMwareとかVirtualBoxだと、ブリッジ接続は1操作でできるけど、Hyper-Vだとちょっと手間。
※リモートデスクトップ等で接続中に操作すると、途切れるので注意(新しく割り当たるブリッジ用アダプタにアドレスがふられていないため)

「Hyper-Vマネージャ」-「仮想スイッチの編集」で内部用スイッチを作成する

接続中のネットワークアダプタと作成した仮想スイッチを選択した状態で、「ブリッジ接続」を選択する

アダプタ「Network Bridge」が作成される

今まで接続していたアダプタのIPアドレスをブリッジ用アダプタにふり直す

【Hyper-V】Hyper-Vで拡張セッションを使う

ゲストOSの拡張セッションを使うと、リモートデスクトップ使用時と同じようにクリップボードの共有などができるようになる。

「Hyper-Vの設定」で、

・「拡張セッションモードポリーシー」の「拡張セッションモードを許可する」のチェックをオン

・「拡張セッションモード」-「拡張セッションモードを使用する」のチェックをオン

ゲストOSの「表示」-「拡張セッション」を選択することでできるようになる。

「拡張セッション モードは Windows 8.1 及び Windows Server 2012 R2 から 」使えるみたい。

Hyper-V 拡張セッションを使用した際の注意点について